So-net無料ブログ作成

曇り空が茶を沸かす [日記、雑感]

6月30日(金)[雨][曇り] 31℃/25℃



今朝もそうです。夜の明けぬ内から降り出す雨。太い強い雨で降ります。
日中の空には陽射しあり。いつしか雨雲は押しやられて、上空には筋雲、鰯雲が流れる。
東の空には小型な入道雲が立ち上がって来ました。気温急上昇~。
昨日の外気は32.7℃まだ上がったいう。ちなみにビニールハウスの中は36℃ありました。
ハウスが早くから忙しそうに天窓を開け、カーテンを掛ける。
風もない36℃の気温は倦怠感が広がり気力を打ちのめす。仕事はあっち向いてホイ。木の陰から蚊に急かされる。
慌てて32℃に吹く風に逃げて深呼吸。

南の島・奄美が梅雨明け。平年並み、去年より11日遅い。
朝に降る雨がなくなれば、南九州も梅雨明けでしょうか。
よしよしヾ(・ω・`)、無事通過しそうです。

『 音なしに空を耕す稲光 』

真夏の片鱗見え隠れ [日記、雑感]

6月29日(木)[雨][曇り] 30℃/24℃



梅雨の雲を押しのけて見えた青空は真夏の色。射す陽射しはギンギラギン。
昨日は外気で31℃あったと。今日は堂々と最高気温30℃を予報。
まだまだ、梅雨雲に覆われて晴れ渡ってはいません。雨の止んだ梅雨そのもの。
雲の間にちょびっとの日差しだけで。
雲が入道雲に変われば真夏そのものです。
月が替われば、日本列島は太平洋高気圧に覆われて、体温並みの気温や熱帯夜を予想している所もあるようです。
ヒーヒー、ブーブーのたまうことでしょう。

『 梧桐(あおぎり)や雲を払いに伸ばす花 』 

梅雨らしく [日記、雑感]

6月28日(水)[雨] 25℃/23℃



梅雨らしく降ってます。シトシトシトと雨の音。
出かけようとすると強い雨。途中止んでは雨具が重い。
野は霧に包まれて山並みは見えません。
伸び放題の草が我が世の春を歌う。ツユクサの明るい青が挨拶する。
老鶯健在、雨にも負けず。
紫陽花の花色が褪せ枯れかけて来て、相方に切られていました。来年また会おう。
平年の南九州の梅雨明けは7/14、7月になると明けそうな塩梅では・・・。
大ことなく明けてくれれば良いね。

『 梅雨の道飛ばされし水泣きっ面 』

降ります、降ります。

6月27日(火)[雨] 25℃/22℃



降っては止んで、また降ります。

の上では雷様の大宴会。好き勝手にやっています。酔っぱらって蹴っ飛ばすバケツの水。
地上では振り回されて大忙し。「ダンゴの③ちゃん傘どこに忘れて来た?」「妹よ、雨靴が喧嘩している。」と履き直し。
今夕からラストスパートをかけて大雨の予報。
田んぼや崖下に近づくな。爺ちゃん婆ちゃん、早めの避難よ。
今週雨に耐えれば、暑い暑い夏のプレゼントという。「真夏日」を完全に超すのね。
相変らず、極端に走る天気です。
地球温暖化は関係ねー、たまたまなのさと思いたい。

将棋の14才藤井4段、29連勝。凄い!

『 節伸ばし天めざす青今年竹 』

我が頭上にあり [日記、雑感]

6月26日(月)[雨][曇り] 25℃/21℃



梅雨前線は我が頭上にあり停滞しているようです。
降ったり降ったり止んだり。
夜にあっては稲光が鋭く地上と交信。太い光はなお一層の大きい音を立てる。合図に地上に走り出す雨。太い雨の叩き付ける音が子守唄。蒸し暑さにごろごろ転がる体。
日中の雨の止んだ間に、強い風にさらされた胡瓜やナス、ピーマンなどの手を補強。
降り出したら、一気にびしょ濡れになってしまいます。
かって「夕立ち」というのがあって軒下で雨を払ったものでしたが、この頃の雨は降り出しが夕立の態でなお一層の強い雨を降らす。
それでも鳴く鶯の谷渡り。

『 雨含み若竹大地描く筆 』

雨を友として [日記、雑感]

6月24日(土)[曇り][曇り] 28℃/24℃



出来れば降らないで欲しい雨なのですが、田んぼや水瓶のことを思えば降らなければ困ってしまう雨。
6月の平年雨量が200~400ミリ。今年は336ミリ降ったそうな。
これから先の集中豪雨が多雨の領域へ。
列車がコトコト・・、点検を兼ねているのでしょうか。止んだ雨の緑野を縫って行きます。
草木が膨らんだ。雨を吸い込んで生き生きと伸び放題。
強風で倒れた胡瓜も起こして生き返った。
紫陽花に加えて合歓の花が真っ赤かに燃えています。ピンクか・・・。

『 送迎に燃え立ち手振る合歓の花 』

梅雨本番 [日記、雑感]

6月23日(金)[雨][曇り] 28℃/21℃



降りますね~。行動を起こして外に出かけようとすると強い雨が降る。
火打石でお清めは稲光に雷です。一瞬ヒヤッとするが、今日も生きている。
沖縄は昨日、梅雨明けしたようです。時はひとコマ進んだ。72年前の今日、沖縄は「鉄のカーテン」集中砲火。「沖縄慰霊の日」。

梅雨前線は我が頭上にあって降る雨。
今月いっぱいは天気予報の傘マークが並び居る。
おやっ!?~7月になったらお天道様が並ぶ。南九州の梅雨明けは7/14ですが、早い梅雨明けかしら・・・。
平年より多い雨を予報しているので降るのでしょう。集中豪雨・ゲリラ豪雨で勝負してくるか。
どこかで災害が起こらないと収まらない雨なんですよね。
土砂災害など十分に警戒しましょう。

『 短夜の脚攣り悶ゆなみだ雨 』

梅雨の雨 [日記、雑感]

6月22日(木)[雨] 24℃/19℃



堂々と居座る梅雨前線。
日替わりで降ったり曇ったりを繰り返す。
今朝は明け方から雨・・・。風は南から。
「ガア~、ガア~」「ゲロゲロゲロゲロ・・・・」と雨を呼んだ蛙。
(ゲロ吐くほどに酔いつぶれる暇もなし)
シトシトピッチャンの雨は次第に強い雨。強い風が吹かないのが救いです。
景色はすっかり梅雨の中に溶け込んでいます。
雨を喜んでいるのは紫陽花。草は容赦なく伸び放題。草の中には白いドクダミの花も光る。もう終わりかな。
夜も明けぬ雨のオクラ畑にヘッドライトがうごめく。
毎日4㎝は伸びるというオクラを商品として出すには、雨が降ろうと槍が降ろうと収穫しないといけないらしい。昼間、仕事のある人は朝早くから又仕事が終わってからと忙しいらしい。みんな頑張れ!

『 崖下の十薬十字白き花 』

夏至 [日記、雑感]

6月21日(水)[雨][曇り] 27℃/23℃



強い雨、強い風が吹きました。
「大雨・洪水警報」「強風・波浪・雷注意報」出ていました。
叩き付ける雨、しなる電線が唸り声を上げ、気を抜けば吹き飛ばされそうな風が吹いていました。胡瓜の棚が風に押し潰された。
朝5時までの24時間雨量は171ミリとのことでした。
夜の明ける前の東の空に下弦の三日月と明けの明星が重なるように見え隠れ。

今日は『夏至』南の端は4時半ごろには東の空が白んできます。

『 梅雨最中横なぐる雨傘の子よ 』

溜め込んでいます [日記、雑感]

6月20日(火)[雨][曇り] 25℃/20℃



まだ降りません。
まだ夜の明けない明け方、6月の下弦の三日月が白っぽく、ときには黄金色に輝きながら雲の間に間に踊っていました。おやっ、明けの明星とのランデブーでしたか。いつしか黒々と厚い雲に隠れて見えなくなりました。しっぽり濡れなはれ。

南の端の今年の梅雨はまとまった強い雨が降る予報なんですよね。
今日の夕方には滝のような雨・・・。滝に打たれる修行僧の如くじっと耐え居るしかなさそうです。
南の端は去年9月に台風16号が上陸して、山肌がむき出しのままの所もあちこちと・・。
表層崩壊の恐れあり。「急斜面はどこが崩れてもおかしくない。早めの避難を心がけて下さい。」と呼びかけています。

梅雨に入りはしたが、水瓶が干上がり水不足を懸念している地も多々あるようです。恵みの雨であって欲しい。
東北地方はまだ梅雨入りしてなかったんですね。
ひと味違う梅雨のようです。

『 君は待つ招かざる客濃紫陽花 』